2018年6月 « トップへ » 2018年8月

2018年7月29日

福岡市60代男性、上顎前歯に抜歯即時インプラントを施術しました

前歯が折れた患者さんのインプラントオペです。歯の周りの歯ぐきと骨は、抜歯して時間が経つと段々吸収して無くなっていきます。抜歯即時インプラント手術(抜歯した後に同時にインプラントを入れる)を行うことで、組織の吸収を防ぎ、審美的に(綺麗に)、歯を入れる時間も短縮することができます。



根っこが折れ、差し歯が外れて来院されました。


残った根っこを抜歯し、直後にインプラントを入れています。抜いた後にインプラントを入れる時間は15分位です。


インプラントと抜いた歯の隙間に人工骨を配置します。


術直後のレントゲン写真です。インプラントは、しっかり入っています。埋入トルク35N 超。初期固定は充分です。


最後に仮歯を入れました。インプラントと骨がくっついたら、セラミックス製の歯を作る予定です。


手術する前にCTレントゲンを撮ることで、インプラントを埋入する部位の骨の厚みや形を診断します。安全かつ適切な手術を行うためには、必要必須の検査です。これは、術前のCTレントゲンによる断層写真です。インプラントを描画してシュミレーションします。


手術した後のCT画像です。シミュレーション通り、正確な位置にインプラントが入っています。


インプラント埋入費用と抜歯即時費用、それとセラミッククラウンの被せ物を併せて、総額432,000円(税込)になります。


執刀医:木村 慎一
所 属:ドリーム歯科クリニック

ITI国際インプラント・再生医学会 公認インプラントスペシャリスト
使用インプラント:ストローマン社 インプラント BLT4.1×12mm

2018年7月24日

7月25日 お土産を頂きました!

こんにちは。福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック、助手の池田です。

最近どんどん暑くなってきていますが、みなさん体調は崩されていませんか?

先日、患者様のK様より沖縄土産のちんすこうをいただきました!

みんなで美味しくいただきました!ありがとうございます!

さて、みなさん、節目健診というのはご存知ですか?

福岡市では満35歳、40歳、50歳、60歳、70歳の市民を対象に、虫歯、歯周病の検査を行っています!

この健診の目的は、疾患を早期に発見し、早期治療に結びつけるとともに、それらの予防をする事です!

市からの案内が届いた方は、是非この機会にご来院ください!

2018年7月21日

福岡市南区50代女性、下顎大臼歯へのインプラント

福岡市の南区在住、50代の女性患者さん。右下の奥歯の被せ物が取れてしまっての来院でした。


右下の奥歯(向かって左側)の被せ物が取れてしまっての来院でした。

ただ、根っこの中まで虫歯になっており、残念なことに抜歯となってしまいました。


抜歯後の状態です。


しっかり噛み合わせができる最良の治療法としてインプラントを提案、承諾頂けました。インプラント体の埋入まで30分程度のオペです。

術後にCTを撮影しています。2本ともシミュレーションした通りのポジションにしっかり入っています。

2ヶ月後にセラミックの歯を作る予定です。手術費用とセラミッククラウンの製作費用併せて、378,000円の2本分で、総費用756,000円(税込み)になります。


執刀医:木村 慎一
所 属:ドリーム歯科クリニック

ITI国際インプラント・再生医学会 公認インプラントスペシャリスト
使用インプラント:ストローマン社 インプラント TL4.1×10mm

2018年7月18日

博多区40代男性、上顎前歯にインプラントを埋入しました

博多区在住、40代の男性患者さん。打撲により、左上の前歯が欠損されたので来院されました。


打撲により、左上の前歯が欠損されたので来院されました。


抜けてから時間が経過していたため、周りの骨が吸収して歯ぐきが陥没しています。


CTで撮影して、周囲の骨の状態を診断します。インプラント治療では、事前の緻密な診査・診断が何より重要です。


周りの骨が垂直的にも水平的にも吸収しています。


インプラント埋入直後です。今回はストローマン社のBLT 4.1×10mmを使用しました。


骨が薄いところには人工骨を填入します。


縫合して仮歯を入れました。


術後のデンタルレントゲンです。埋入トルク(骨内にスクリュータイプのインプラント体を埋入する際、どの程度の力で締め込むかの値)は、アダプテーションテクニックにより、35Nが出ました。

3ヶ月後に歯が入るのが楽しみです。


執刀医:木村 慎一
所 属:ドリーム歯科クリニック

ITI国際インプラント・再生医学会 公認インプラントスペシャリスト
使用インプラント:ストローマン社 インプラント BLT4.1×10mm

7月18日 七夕の飾り付けをしました!  

こんにちは。福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック、助手の柳瀬です。

梅雨が明け、これからどんどん暑くなりそうです。今年は平成最後の夏です!たくさんおもいでができるといいですね!

7/7は七夕というとこで、スタッフと当院に来院された子供達で短冊を飾りました!皆の願いが叶いますように☆

ところで、皆さん歯ぎしりをされていませんか?

歯ぎしりは普段食事の際にかかる力の5〜7倍の力がかかると言われています。歯に対してダメージになりますので、歯ぎしりの自覚がある方、指摘を受けた事がある方は、是非一度ご相談ください!


2018年7月10日

大野城市70代女性、下顎にインプラントを施術しました

下顎、ブリッジの土台にしていた歯の根っこが折れたために来院されました。ブリッジの土台となる歯には余計なストレスが掛かり、実際、折れることが多いです。特に神経を取った歯は、著しく強度が落ちてしまいます。70代の女性ですが、健康状態も問題なく、長持ちする歯を入れたいというご要望からインプラント埋入を計画しました。

真っ二つに折れた根っこです。


折れた歯を抜きました。

抜歯後3か月の状態。
歯ぐきもキレイになっています。


CTで周囲の骨の量を事前に診査・診断します。
画像の部位は5番ですが、隣の6番もも十分な骨があります。


インプラントを入れました。
手術に要した時間は40分程度です。


術後のレントゲン写真です。初期固定もしっかり取れました。
2か月後に歯を作る予定です。


執刀医:木村 慎一
所 属:ドリーム歯科クリニック

ITI国際インプラント・再生医学会 公認インプラントスペシャリスト
使用インプラント:ストローマン社 インプラント TL4.1×10mm

7月11日 当院のホワイトニングについて

こんにちは、福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック歯科医師の志波です。

暑さが厳しい日が増えていっていますが、皆様体調などは崩されていませんでしょうか?

さて、先日当院で行っている"スーパーポリリンホワイトニング"のスタッフデモを行いました!

このホワイトニングシステムは従来のホワイトニングに比べて、施術後の知覚過敏が少なく、また、その後の色素沈着も予防する効果があるんです!

体験したスタッフも大きな副作用もなく、歯が白くキレイになって大満足でした!

ご自身の歯の色やツヤにお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談ください!今回のスタッフのホワイトニング前後の写真を見ながらご説明致します! 是非自信の持てる笑顔を一緒に目指しましょう!

2018年6月 « トップへ » 2018年8月


PAGE TOP