2015年8月 « トップへ » 2015年10月

2015年9月28日

9月28日 福山先生送別会

福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック、歯科衛生士の堀です。

先週26日(土)に診療終了後、福山先生の送別会でした♪

福山先生はとても熱心な方で色々な事を私達に教えてくれました!

たまにギャグを言ってきたり...
みんなに慕われる大好きな先生でした♥

今後も頑張ってほしい!と思いつつも寂しい気持ちで一杯です。
またドリーム歯科に遊びに来てください〜

 

2015年9月17日

9月17日 ホワイトニングコーディネーターのセミナーを受講しました♪

福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック、歯科衛生士の竹松です。

6日の日曜、ホワイトニングコーディネーターの講習会と認定試験を受講してきました。

ホワイトニングコーディネーターとは、日本歯科審美学会が認定する歯科衛生士の専門資格であり、
ホワイトニングの正しい知識を習得し、適切な情報の普及とアドバイスをすることができる衛生士のことです!!

当日、認定試験も受けてきました。合否発表は1週間後、ドキドキ♡♡(笑)
ホワイトニングに興味のある方は、お気軽にお声かけ下さい♪

2015年9月15日

9月15日 院内勉強会!

福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック、歯科医師の柴原です。

雨の多い今年の夏はいつのまにか終わってしまい少し肌寒い秋晴れの季節になってきましたね。

先週末ドリーム歯科にて、院長先生と勤務医で豚の顎の歯茎を用いて歯周病の外科処置(手術)の勉強会を行いました。

ドリーム歯科初の試みで、院長先生・勤務医の先生は休日返上で、新しい技術と知識を得ようと練習に励みました。
さらにスキルアップしたドリーム歯科をこれからもよろしくお願い致します。

2015年9月 9日

抜歯即時埋入法と通常のインプラント施術との比較

症例1 抜歯即時埋入法で施術した患者さま
インプラント症例 1. 治療前の写真です。前歯が折れて、根だけになっています。
次へ インプラント症例
2. 折れた歯を抜きました。
次へ インプラント症例
3. 抜歯後、そのままインプラントを埋入します。インプラントは入れるポジションが非常に重要です。CT撮影などによる事前準備のお陰で、理想的な位置に入っています。
次へ インプラント症例
4. 抜いた歯です。
次へ インプラント症例
5. インプラントを埋入したその日のうちに、仮歯を入れました。
次へ インプラント症例
6. インプラントを埋入した部位のレントゲンです。
次へ インプラント症例
7. 4ヶ月後、上部構造物にセラミックの綺麗な歯が入りました。抜歯即時埋入法により、すべての治療が4ヶ月で終わっています。


症例2 抜歯後、時間をおいてインプラントをいれた患者さま
インプラント症例
1. 抜いてしばらくすると、歯ぐきが縮んできます。 縮んだ歯ぐきを増やすために、歯ぐきの移植手術を行います。
次へ インプラント症例
2. まず、上顎の歯ぐきを切り取ります。
次へ インプラント症例
3. 歯ぐきが縮んでしまった前歯に移植しました。
次へ インプラント症例
4. 縮んだ歯ぐきが回復してきた様子です。
次へ インプラント症例
5. インプント埋入後、セラミックの美しい歯が入りました。 最終的には綺麗になりましたが、歯ぐきを移植したりして、患者さんの負担は大きかったと思います。時間も掛かりました。抜歯即時埋入法であれば、負担も軽く短い時間で治療が終わったはずです。

<抜歯即時埋入のメリット>
・美しい歯を入れることができる。(特に前歯はお勧め)
・治療期間が短縮できる
・抜歯と同時に入れるので、患者さんの負担が少ない

9月9日 10月の発表に向けて!

福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック、歯科医師の久木田です。

暑かった夏も終わり、いよいよ秋めいてきましたね。
今年は雨が降ることが多く、すっきりしない天気が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、ドリーム歯科では、毎年WTSというスタディーグループ主催の研修会にスタッフ一同で参加しており、
ドリーム歯科クリニックのスタッフもそこで発表を行うのが恒例となっております。
WTSとは、歯科医療従事者のみならず、スタッフや患者様ともWin-Winの関係を構築するのを目的とする勉強会です。昨年は私も発表させていただきました。

本年度は歯科医師の柴原先生、歯科衛生士の竹松さん、歯科助手の柳瀬さんの3人が発表します。
パソコンでのプレゼンテーションは初めてのメンバーもいて、文字通り悪戦苦闘しながらもスライドを作っているようです。9月に入って、毎日のように遅くまで残って頑張っています。

3人とも、熱い思いをプレゼンしてくれると思いますので、ご期待下さい!

2015年9月 7日

9月7日  9月ですね

福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック、福山です。

早いもので9月になって1週間が経ちました。
このところ朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。
シルバーウィークの連休もありますし、このままあっという間に10月になってしまいそうな気がします。

さて今月は敬老の日のイベントを計画しています。
詳細が決まったらまたお知らせしますね♪

2015年9月 3日

ショートインプラント

骨の高さが十分でない患者さんでも、ショートインプラントを使用することで安心してインプラント治療を受けることができます。
ショートインプラント現在、一般的なインプラントの長さは8.5~16mmぐらいの範囲のものが一般的とされています。そして、インプラント体の素材や形状、表面性状の改良により骨との結合力が向上し、必要以上に長い形状のインプラントは、使用を避けられることが増えてきております。

さらに最近では、6~7mm以下の長さの「ショートインプラント」でも問題ないという報告が増えており、各メーカーから6~7mmの長さのインプラントの開発が進んでいます。

ショートインプラントによって、上顎臼歯部においてはサイナスリフトなどの骨移植が避けられるといったようなメリットが生まれます。

【次ページ】インプラント治療Q&A

All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。
オールオンフォーオールオンフォー
従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。 All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本のインプラントですべての人工の歯を支えます。骨の移植などの必要もなく、抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能です。

オールオンフォー歯がなくなってしまった方は、ハリガネのついた入れ歯を使うことができません。つまり入れ歯は動いて、安定しません。そういった方に朗報です。

4本のインプラントを打ってそれに歯を固定することで、食事の時に入れ歯が安定して動かないというものです。つまり入れ歯ではなく本来の歯と同じように安定して使えるようになりました。

All-on-4は、総入れ歯に変わる画期的な最新のインプラント治療法です。歯をすべて失った患者さんに対する治療法はこれまで「総入れ歯」が主流でした。

オールオンフォーしかし、「総入れ歯」による食事は違和感を感じる方も多く、外れたりする不安もあります。取り外し式の「総入れ歯」に対して固定式の「インプラント治療」は総入れ歯のような違和感やズレなどもなく、天然歯のような快適な食生活を取り戻すことができます。
そして、インプラント治療のデメリットである「治療期間」「経済性」「審美性」「外科的侵襲」などの患者さんにかかるあらゆる負担を軽減した治療法が「All-on-4(オールオンフォー)」なのです。

【次ページ】「アゴの骨が薄い」と診断された患者様へ(増骨手術)

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーとは、CTスキャンとコンピュータソフトウェアを使って正確なシミュレーションを行うインプラント手術システムです。ガイデッドサージェリーの登場で、"より早く・より正確・より安全"に治療することができるようになりました。
ガイデッドサージェリーガイデッドサージェリーガイデッドサージェリー
ガイデッドサージェリーを使用したドリーム歯科クリニック治療例
治療前のお口の中
ガイデッドサージェリー 上アゴですが、ほとんど歯がありません。

PC上でのシミュレーション
ガイデッドサージェリーガイデッドサージェリー シミュレーションした位置にインプラントが正確に埋入できるようにサージカルテンプレートを作成します。

ガイデッドサージェリーで、正確に埋入されたインプラント ガイデッドサージェリーガイデッドサージェリー
6本のインプラントが計画された位置に正確にスピーディに入りました。
その日に、固定式の仮歯が入り、食事もできます。

ガイデッドサージェリーガイデッドサージェリー
キレイな歯が入りました。患者さんも大満足です。

【次ページ】All-on-4(オールオンフォー)

抜歯即時埋入法

抜歯即時インプラント抜歯即時埋入法は、歯を抜くと同時にインプラントを埋入する方法で、手術が1回で済みます。患者さんの精神的・時間的負担が軽減される魅力的な治療方法ですが、特に前歯に適用することによって、審美的なインプラント治療を行うことができます。

●インプラントは噛めるまでに時間がかかりそう
●何度も手術をするのはイヤだ


そんな思いから、インプラント治療を避けている方も多いのではないでしょうか?

ドリーム歯科クリニックでは、症例を選んで抜歯後すぐにインプラントを埋入する「抜歯即時埋入法」を行っています。抜歯とインプラント埋入を同時に行い、治療期間を短縮します。骨がしっかりしている方は、その日のうちに仮の歯を入れることができます。

抜歯即時埋入法のメリット
抜歯をしたその日にインプラントを埋入すれば、一度の外科手術で治療が終わり、また、治療期間を大幅に短縮できるという大きなメリットも生まれます。なかには、通常の半分以下の期間ですべての治療が終わる方もいらっしゃいます。

<抜歯即時埋入法のメリット>
・治療期間を短縮できる
・患者さんにとって精神的な負担が少ない
・治療費を抑えることができる

歯は抜くと、徐々に根の周りの骨が溶けてきて、歯ぐきも縮んできます。その状態で歯を入れると歯が長くなり、見栄えが悪くなります。前歯が折れたりしてインプラントを検討されている方は、抜歯即時法を強くお勧めします。


前歯を抜歯即時インプラントで行った症例と苦労して行った通常のインプラント治療の比較
【次ページ】ショートインプラント

2015年9月 2日

9月2日  Happy Birth Day !!

福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック、羽野です。

本日は、私達受付の鏡、吉田さんの誕生日をスタッフ全員でお祝いしました♪(本当は9月1日ですが...)

いつも笑顔が素敵で誰からも愛される人柄なのでファンも多く、
スタッフもみんな吉田さんの事が大好きです!

これからも輝き続けてほしいです。

吉田さん、HAPPY BIRTH DAY♪ 素敵な1年になりますように♡


2015年8月 « トップへ » 2015年10月


PAGE TOP