トップへ » クリニックのご案内 » ドリームニュース » 2016年9月の記事 » 9月21日 ウォーキングブリーチについて

9月21日 ウォーキングブリーチについて

こんにちは、福岡市中央区平尾のドリーム歯科クリニック歯科衛生士の吉永です。

本日はウォーキングブリーチについてご案内いたします。
ウォーキングブリーチとは、歯の神経を一度取って歯が黒っぽく変色してしまったものを、元のように白くする治療法です。神経が通っていた管に漂白剤を詰めて、変色した歯を白くします。
通常のホワイトニングは、神経が生きた歯(生活歯)を対象とするため、神経が死んだ歯(失活歯)の黒ずみには効果が現れませんが、ウォーキングブリーチを行なうことで、神経が死んだ歯(失活歯)の変色も白くすることが可能です。

ウォーキングブリーチでは、歯の裏に穴を開け、そこに歯を白くする薬剤を入れて、歯の内部から白くしていきます。数週間待ち、歯が白くなったら、蓋を開けて薬剤を除去し、最終的な蓋をします。治療期間は約1ヶ月で、約1週間に1回薬剤を詰め替える必要があり、これを4〜5回行います。費用は保険適用外となります。

ご興味のある方や、詳しくお話を聞かれたい方は、当医院スタッフにお気軽にお声かけください。


カテゴリー一覧

まずはお気軽にご相談ください。

「痛い思いをしないで治療したい」
「銀歯を白い歯に治したい」
「安全なインプラント治療を受けたい」
など、お口の悩みはありませんか?

治療に関する疑問・不安、治療内容について、
まずはお気軽にご相談ください。
お問い合わせ お問い合わせ

トップへ » クリニックのご案内 » ドリームニュース » 2016年9月の記事 » 9月21日 ウォーキングブリーチについて


PAGE TOP